メルシーポットが吸わない原因はコレ!新型S-503の口コミも紹介します!

どんどん寒くなっていくこの時期、どんどん風邪が流行していきますね。そうすると気になって来るのが鼻水です。大人であれば自分でしっかりと対処も出来ますが、乳幼児やまだ小さい子だと自分でうまく対処ができません。電動鼻水吸引器というものがあるけれど、実際に使ってみるとどうなのかな?そんな疑問を解消していきましょう!!

↓詳細が気になる方はこちらからどうぞ↓
【ママ割P5倍 要エントリー】【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)NEWモデル!【送料無料】

メルシーポットS-503の吸わない原因とは?そんな時に確認したい4つのポイント

メルシーポットを使用していて、今までは問題がなかったのに急に吸わなくなってしまったという声も聞きますが、それにはちゃんと原因があるんです。

ぜひそんなときにはこれらのポイントを確認してみてください♪

●吸引力に問題がないか確認をしよう

メルシーポット自体の吸引力が落ちてしまっている場合は本体側の故障や異常が疑われますので、吸引力に問題がないかを確認しましょう。

電源を入れたら通常通り運転を開始し、吸引口を指で抑えてみてください。

吸引に問題がなければしっかりと指が吸われてあとが付くくらいの力がある筈です。

しっかりと吸われるような強さでない場合は他に原因が疑われます。

次のチェック項目を見ていきましょう。

●本体側のセッティングを確認しよう

吸引力が落ちる原因として、部品取り付けの際の隙間やズレが影響していることが考えられますので、その点を確認していきます。

まずは各部品が本体にしっかりと取り付けられているかを確認しましょう。

組立時にずれないように取り付けられているか、パッキン等もねじれないようにちゃんと取り付けられているかを確認してみてくださいね。

問題なく部品等が取り付けられている場合は次の項目を確認していきます。

●パッキンを確認しよう

吸引ボトル

ボトルカバー

チューブ接続口

に装着されているパッキンを良く確認してください。

パッキンリングは部品ごとに2つずつ装着されています。

少しの隙間や亀裂などでも吸引力に影響してしまいますので、劣化、キズ等により裂けていないかを確認することが大切です。

もしそれらの確認をしても問題が見られなかった場合は、次の内容を確認しましょう。

●フロートを確認しよう

ボトルカバーを外して、フロートという部品がどうなっているかをチェックします。

上がっていると空気が通る道をふさいでしまい、吸引に影響が出てしまいます。

フロートとはカバー裏にある突起状の部分です。

もし上に上がっているようでしたら、下側に引き出してみてくださいね。

以上4点、メルシーポットが吸わない時に確認したいチェックポイントを記載していきました。

もしも吸わなくなってしまった、吸引力が弱くなってしまった場合は上記のチェックポイントに沿って確認してみてくださいね。

それでも改善しない場合は、本体側の異常・故障も考えられるかもしれません。

ぜひお買い上げいただいた店舗に確認をしてみてくださいね。

メルシーポットS-503の低評価口コミを見てみよう!

それでは次に、使用されている方の口コミを見ていきましょう!やっぱりそういった生の声が参考になりますよね。

まずは使ってみて残念だった口コミからです。

●生後間もない子供の鼻づまりが酷く、小児科に行く事なく鼻水の対処ができればと思い購入しました。しかし使ってみようとしたところ小さな子供の鼻にはノズルを入れることができなく、使うことができませんでした。0歳でも使用できると書いてありましたが、生まれたばかりの子供には難しいようです。

●いざ使ってみたら吸えませんでした。使用をやめてから鼻をかむと鼻水はちゃんと出てきます。期待した分残念だったです。また小さい部品もあって、洗う際に排水口に流しそうになりました。

メルシーポットS-503の高評価口コミを見てみよう!

続いて使ってみて満足できた方の口コミを見てみましょう。

●これからの風邪の季節に向けて購入しました。これまで使っていた製品と比較して比べ物にならないくらいよく吸います。実際に使ってみて少し音が音量が大きい気もしたので、寝ているときは起こしてしまうかもしれません。
前の製品の時と違って子供が自ら寄ってくるようになったので、使用感も悪くないかと思います。

●旧型と比較して値段も安くなってコンパクトになったために購入を検討しました。旧型と違って吸引力が調整できないという点が気になっていましたが、その点に関しては使ってみて全く問題がないことが分かりました。
子供が保育園で病気をよくもらってきて苦しそうにしていましたが、メルシーポットのおかげで鼻の通りが良くなって気持ちよさそうに寝ているのを見て本当に買ってよかったと思いました。

●子供が風邪をひくたびに小児科や耳鼻科に通っていました。これまでは鼻水がひどいと耳鼻科で吸引をしてもらっていましたが、時間的にも身体的にも大変になってきたので、評価の高かったこちらを購入しました。
使用中は泣いたりするのですが、終わってからはよほどスッキリするのかケロっとしています。洗う際に部品が小さくなくしてしまいそうになるのだけが気になりました。これからの季節を考えるととても買ってよかったと思います。

期待してたのに吸えなかったという意見と、しっかりと吸えて満足という両極端な意見がありますね。使うお子さんの鼻水の状態なども影響するのでしょうか?
ただ皆さんの口コミをまとめていると、とても良く吸えるので買ってよかったという意見が多いです。吸引力に関しては数値で見ると病院で吸引する際と比較して遜色ないので、上手に吸えるやり方でやっていないのかもしれませんね。

洗う際に少しでも楽になるようにという事で部品の数が減りました!

「洗うのが大変そう」というママたちの声に応えて部品の数を減らしました。
今までは2つの部品で構成されていたボトルカバーが1つの部品に一体化しました。

また、ボトルに使われているパッキンに関しても、2つ使用していたのを1つで済むように改良されています。

洗う部品が減ったのは嬉しいですよね。ただ口コミでもありましたが、他にも小さい部品があったので洗う際になくしそうというのは改良の余地がありかもしれません。今後に期待したいですね。

メルシーポットS-503とスマイルキュートはどっちの方がオススメなの?

こちらの製品も以前から良くメルシーポットと比較されていましたが、新しくなったメルシーポットと改めて比較してみましょう。

医療機器分類
メルシーポットS-503   管理医療機器
スマイルキュート     管理医療機器

最大吸引圧力
メルシーポットS-503   -80kPa
スマイルキュート     -80kPa

排気流量
メルシーポットS-503   12L/分
スマイルキュート     13L/分

価格(楽天)
新型メルシーポットS-503 11,880円
スマイルキュート     15,800円

外寸
メルシーポットS-503   W235×D90×H160(mm)
スマイルキュート     W246×D94×H217(mm)

重量
メルシーポットS-503   1 kg
スマイルキュート     1.5kg

比較してみてわかったのが、排気流量ですね。1分あたりでスマイルキュートの方が1L多いという数値になっています。ほかに関してはメルシーポットに軍配があがりますね。

お値段も安く、小さく軽い。吸引圧力に関しては数値上同じようです。

私自身としては価格が安いのとコンパクトなのに惹かれるのでメルシーポットがオススメですね。

メルシーポットの使い方ってどうなの?難しいのかな?

メルシーポットの使い方はとても簡単です。鼻水を吸ってあげようと思ったらコンセントにプラグをさして、スイッチをオン!その後にお子さんの鼻にノズルを挿入するだけで簡単に吸引ができます。

また使用したあとは衛生面を保つために清潔にしたいですよね。そのため部品は全部取り外せて丸洗いできます。小さいお子さんの体に直接触れるものなので、衛生的に保てるのは嬉しいですね。

新生児にもうまく使える方法はないかな?ロングノズルっていつ使うんだろう?

口コミでもあったように、新生児のような鼻が小さいお子さんの場合はノズルが鼻に入らないかもしれません。そのような場合は先端にカテーテルを取り付けて使用されている方もいるようです。また奥の頑固な鼻水はロングノズルで対処できるかもしれません。

うまく吸えない場合はずっと続けて吸引するのではなく、付属のクリップを使って一時的にホースをはさみ、吸引力を一気に上げて吸うと良く吸えるようになります。
うまくいかない方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は新しくなったメルシーポットのS-503について紹介しました。人によって良く吸えたり、うまく吸えなかったりというのは、ノズルの角度だったり使い方も影響してくるかもしれません。お手入れやうまくできるか不安な方は耳鼻科で見てもらうのも手ですよ。
しかしメルシーポットS-503が家にあれば、寝ているとき等に鼻づまりで苦しそうにしているお子さんをその場でスッキリさせてあげられるので、すごく重宝しますね。これからの風邪をひきやすい季節、ぜひお子さんに為に検討してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする